社会保障と保険による身体障害者の社会進出

戦後日本は医療技術や保険制度が格段に進歩し、身体障害者と言えども健常者と同様に社会に参加できるようになってきた。しかし、便利社会といっても、結局は健常者にとっての便利になりがちで、身体障害者にとっての便利ではない事も多いのが現状である。例えば、公共に道路における段差など、生活に不可欠なもの全てが障害者の利用しやすいように整備されているわけではない。このような背景の下、身体障害者が社会参加をしようとしても、それには大きな問題がある。第一に、障害者に対する社会保障がいまだ充実したものとはいえないこと、及び公共の施設いえども身体障害者には不親切なものが多いという点が挙げられる。第二に働く場所が限られてしまうなど、身体障害者の自立しにくい社会となっているのも問題である。これらは、障害者の人権が健常者と同程度には保障されていないことの現れといえよう。 このような問題点について、人権問題である以上、私は早急に解決しなければならないと考えている。まず、社会保障の充実は障害者に限らずあらゆる面で行政が積極的に進めていかなければならない責務であり、早急に法律を整備して、改善していくべきである。そして身体障害者の自立しにくい社会となっているのは、障害者に対する差別意識に大きな原因があると思われる。改善するためには健常者と交流する機会をたくさん設ける必要がある。ともに社会に参加できるような環境づくりや教育を行なっていくことが必要だろう。

廃品回収 大阪市

鳩撃退なら日本鳩対策センターの優しい駆除方法がおすすめ

キレイモで全身脱毛をしたいのですが、予約できますか?

シドニー 留学 エージェント

【飲食店】売上UPの為のメニュー作成が満載!